カテゴリー
映画

夜勤明けの映画鑑賞座席予約は危険だ

週末から1917やT-34の4DX完全版も公開されますし、フォードVSフェラーリやジョジョラビットの公開終了日も近付いてきました。

逆にパラサイトはアカデミー作品賞ということで公開が拡大して鑑賞時間にも余裕が出来てきました。

どちらにせよ今週末も映画三昧となるワケです。ただ、良席を予約しておきたくはあるのですが夜勤明けだと迂闊に複数本の予約を入れてしまうのは危険です。

最終日が定時で終わると仮定すると、土曜日の帰宅時間は深夜3時……そのまま睡眠をとって5時間後に起床して朝一番からの上映に臨むというのはとても危険です。

 

何しろ1回寝坊しただけで後のスケジュールが全て狂ううえに、上映中にも睡魔が襲ってきて作品に集中出来なくなるのです。

 

本来ならもう少しスケジュールに余裕のある状態で映画鑑賞するべきなのでしょうけど自分のスケジュールで上映されるわけではないですからね。

 

この【不自由さ】が作品に集中するための程よい障害なのは間違いありませんが、こういった場合は歯がゆいものです。

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です