カテゴリー

電子書籍の端末って複数持っていてもいいんじゃない?

正直言ってkindleのライブラリ画面、見辛くありませんか?

カテゴリー
買い物

2020年1月22日~28日の買い物

2020年第4週の買い物ログ。

いつも通り書籍オンリー。

カテゴリー
買い物

2020年1月8日~14日の買い物

2020年第2週の買い物ログです。

 

1月10日

【Amazon.co.jp限定】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド ブルーレイ&DVD&4K ULTRA HD スチールブック仕様(初回生産限定):8580円

Amazonでの予約購入品。スチールブック版を購入したんだけど、特典をパッケージに収めることができないので通常版でも良かったかな?プレミアがつくけど売るわけではないですからね。

 

内容はエクステンドカット版にも無かった未公開シーン付き。やっぱり観に行く必要は無かったか……

 

1月11日

 

空気詰めが約60秒で完了!自動で簡単、コードレス電動空気入れ『A05』

……クラウドファンディングで購入したアイテム。後日レビューします。

 

 

1月12日

 

異世界召喚は二度目です(コミック) : 1~3 100円/594円/594円

原作をチェックしているわけでもなくマンガ版を無料で読み始めた惰性で購入。出先の移動時や映画の待ち時間に電子書籍を購入してしまうことの何と多いことか。

……これが散在か。なお、内容は特に思うところなし。ストーリーが目の前を滑っていくタイプ。

 

 

 

GのレコンギスタI 行け!コアファイター/映画パンフレット:2200円

……情報量が多いのでこの値段にも納得できるんだけど、映画パンフは安価にして別冊のムックにしてもらえたらもっと良かったです。結局どっちも買うんですけど。

 

1月13日

 

永遠の門 ゴッホの見た未来/映画パンフレットパンフレット:1000円

……文章系パンフ。劇中出てきた絵画のタイトルが書かれていたのは良かったんだけど、図版も同時に欲しかった。

 

 

ラスト・クリスマス/映画パンフレット/820円

……典型的映画パンフ。ワムの【ラスト・クリスマス】が発売された頃なら500円で買えたのだから映画パンフも高くなったものです。

 

1月14日

 

尾崎豊を探して/映画パンフ:2000円

……映画もパンフも特別料金。ぶっちゃけそこまでの価値は無し。

 

今週はこんな感じ。

買い物自体は安価で収まっているけど、歯医者の定期健診やら遠方の映画館までの交通費なんかでお金を使ったので出費は多めに感じました。

 

今週末はメイドインアビス 深き魂の黎明の舞台挨拶で池袋まで出かけるので散在することになりそうです。

 

 

カテゴリー
ガジェット

スマホからKindleアプリを消しました。

メインで使用しているiPhoneが重いのでストレージの残量を確認したところ59G/64GBまで圧迫していました。

内容の殆どはKindleで35GBほど。2位の写真2GB、3位のLINE1.4GBと取り込んだCD1.2GBを大きく引き離しています。

 

とりあえずKindleのアプリからコンテンツを削除したのですが、いくら操作しても容量が減らないし、Kindleを開くたびに消したコンテンツが復活してしまいます。

 

カテゴリー

電子書籍の弱点は【個人向けの媒体】ということ

部屋の容量と利便性の関係で最近購入する機会の増えた電子書籍。

 

【本を読んでいる体験を手触りでも体感したい】とか【漫画はページをめくることによる演出が重要だから】といった意味で電子書籍が苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、一番の問題は【一冊の本を共有することができない】ことではないでしょうか?

カテゴリー

電子書籍化して欲しい本の数々

Kindleでの読書の最大の利点は【長編のシリーズを端末のスペースだけで持ち歩くことができる】ということだと思います。

 

また、データのおかげで劣化しないので、古い書籍の保存という意味でも優れています。

 

これらを踏まえて私が電子書籍化して欲しい本を挙げてみたいと思います。いつか実現してくれるとうれしいんですけどね。

カテゴリー
買い物

2019年5月29日〜6月4日の買い物

 

今週はAmazonからの注文がメイン。買い物が本だけで収まっているのは一応散財に気を使っている模様……

 

それと海外から健康関連の通販を行いました。

iHerb利用するのは1年ぶりかな?

カテゴリー
ビジネス

ポートフォリオで収益化

オタク業界ではイラストレーターや造形師。

美術業界では絵描きや写真家、陶芸家に華道家など……

 

作品を発表し、依頼を受ける方たちは大抵ポートフォリオを作っていると思います。

これまでの作品を見せて【このような作風です】と自己紹介するわけですね。

作品集として商業出版することによって箔をつけるといった方法もありますが、作品を見るためにお金を支払う必要もあり、プロモーションとしては敷居が高いです。

 

そこでKindle Unlimitedでポートフォリオを公開するというのはどうでしょう?

カテゴリー
ビジネス

ネット小説家の目指す方向

ネットのオリジナル小説投稿サイト(なろうやカクヨム、アルファポリスなど)に投稿されている方の目標の一つに【自作の書籍化】があると思います。

 

ただ、書籍化したところで売上不振によるプレッシャーや続刊の中止などで投稿自体がエタってしまう可能性も増していきます。

 

なろうの作家さん(書籍化前のアマチュア含む)は書籍化以外の到達点を目指すことも考えた方が良いのではないのでしょうか?

カテゴリー
買い物

2019年4月24日〜4月30日の買い物

日付を見たら平成最後の買い物記録になるみたいですね。

 

令和になったら多少は無駄遣いが減るのかなぁ?