カテゴリー
映画

映画館のグッズでトレーディングカード売りませんか?

最近は映画館でのフード販売も下火です。キノシネマのようにフードとドリンクの販売を止めてしまう所さえ出てきてしまいました。

そこで新たな映画館の収入源としてトレーディングカードの販売をしてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー
ラーメン

ラーメンの新しい味で出てきそうなもの

ラーメンの味というと醤油、味噌、豚骨、塩が四天王です。

醤油と味噌は豚骨を加えたり、醤油は鶏がらや魚介のようにベースの変更、味噌は味噌自体を赤や白に合わせ味噌といった変化を持たせてバージョンを増やしています。これらに麺の種類とトッピングで変化をつけて個性を出しています。塩は塩そのものか醤油系のどちらかでしょうか?

 

そう考えると、ラーメンは細かい違いこそあれど大元のバリエーションは少ないということに気付かされます。

 

そろそろ全く由来の異なる(けど色モノではない)ラーメンが出てきてもいいんじゃないかな?

カテゴリー
ビジネス

利用者持ち寄り型ラノベカフェ構想

もともとのアイデアは【利用者が所有している漫画を寄贈してマンガ喫茶を立ち上げ→読まれた作品の寄贈者にポイントが付き、そのポイントを利用して利用料などと交換できる】みたいなことを考えたのですが、ポイントを稼げそうな作品への一極集中で結局代わり映えしない普通のマンガ喫茶になりそうな気がして少し考えを改めました。

以前から何度か構想しているラノベカフェの基礎アイデアになるんじゃないでしょうか?

カテゴリー
映画

映画の上映作品と上映本数の関係

本時t、【スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】を鑑賞してきました。

聖地巡礼というわけではありませんがイオンシネマ海老名で鑑賞してきたのですが、発展中とはいえ田舎町だからなのか観客の入りはそこそこでした……それでも普段からしてみれば【入っている方】なのですが。

 

こういった現象になるのも、公開日の午前0時に最速上映が行われ、ファンは既に鑑賞済みであること。海老名ではイオンシネマとTOHOシネマズで客を取り合っていること。字幕版、吹き替え版両方の公開の他、劇場によっては4D版、IMAX版と異なる形式の物も並行して上映していることが理由としてあります。

 

でも、人気作の集中上映はキチンと集客につながっているのかなぁ?

カテゴリー
買い物

そろそろレシートもいらなくなるんじゃないかなぁ?

給料をおろした帰り道、久しぶりに伊勢原書店秦野店に寄って漫画を1冊購入しました。

バトルグラウンドワーカーズ(2)

ポイントカードを忘れてしまったようで店員さんに伝えると、レシートにハンコを押して次回購入時にポイントを付けてくれるようメモをしてくれました。たとえ1ポイントでもこれが積み重なって割引に繋がるのでありがたいことでs。

 

さて、レシートを財布に入れた時、ふと財布の中を整理しようと思い確認したところ、今回の物を含めて11枚ものレシートが溜まっていました。内訳は書店×2、コンビニ×5、映画館×1、牛丼屋×1、ガソリンスタンド×1です。

一応、上着や薬など重要度の高いレシートは受け取った時点できちんと整理していたみたいで入っていませんでしたが、ちょっとした買い物のレシートほど財布の中に残り続けてしまうようです。

 

いっそレシートなんてなくてもいいんじゃないですかね?

カテゴリー
映画

映画館ごとに独自に映画パンフレットを作る

私は映画鑑賞の度にパンフレットを購入しています。映画の記念になりますし、写真やインタビュー、作品についてのちょっとした解説も掲載されていて読む価値はあると思います。

 

残念なのは余程ヒットしている作品でもない限り再版の可能性が限りなく低いこと。一度売り切れてしまったらもう購入することが出来ません。

その為、名画座では見逃した映画を鑑賞することはできてもパンフレットだけは購入できないということがよくあります。

カテゴリー
ビジネス

こんなシフトで働きたい

私が派遣で働いている職場を含む製造業は基本的に時給×作業時間です。

 

ほとんどの機械関係の工場の場合は稼働日が平日なので、作業者は月曜日から金曜日まで働くことになります。

また、食品(ドリンク、パン、コンビニの弁当)などの工場は基本毎日稼働するので、作業者は4勤2休の交代制で働くことが多いです。

 

ぶっちゃけ、派遣なのでもう少し楽というか自由度の高いシフトもあるとうれしいのになぁ……とは思います。

カテゴリー
ビジネス

結局、稼げるネットビジネスは転売だけなのだろうか

フェイスブックの広告やネットビジネス系のメルマガで情報商材の情報が紹介されます。

ただ、単純な手法で即金が稼げるといったタイプの商材は、その手のレビューサイトで詐欺商材と酷評されており、高額の販売価格なことも相まってちょっと手出しする気がおきません。実践してみたところで初期投資だけがかさみ、ロクに利益を得られることなく終わるのでしょう。

 

その点、私が実践している転売(せどり)は作業量に比例して利益を得ることが出来るのでビジネスとしては優秀です。時間の関係で小遣い稼ぎの範囲に留まっているのですが、本気で取り組んだら普通に仕事として成立するレベルの収入は得られると思います。

 

ただ、この手法を知ってしまったばかりに、アフィリエイトやその他の手法でのネットビジネスがてんで信じられなくなってしまいました。

 

結局、稼げるネットビジネスは転売だけなのでしょうか?

カテゴリー
コレクション

限定特典の行方

本やCD……はたまた映画の先着入場など、コレクター心をくすぐるグッズが特典として付くことがあります。

私もついつい特典目当てで予約購入したり、映画の公開日に座席予約を入れたりするのですが、はたして入手した特典はどうなっているのでしょうか?

 

…答えは【どこかにいく】です。

カテゴリー
ビジネス

漫画喫茶の拡張限界

最近はすっかり通う頻度が下がってしまったのですが、今でも2ヶ月に1度は漫画喫茶で見逃していた話題作や定番作品の続刊を読んでいます。

 

ただ、この出版不況の中でも日々刊行され続ける漫画の発売ペースに漫画喫茶が追いついていないのではないでしょうか?