カテゴリー
アニメ

フレームアームズ・ガール 第1話 轟雷/スティレットとバーゼラルド 感想

新番組は原作を知らなくても、とりあえず第1話を見る……それがお約束。

ということで、フレームアームズ・ガール 第1話 轟雷/スティレットとバーゼラルド 感想です。

……画像?ネットで見たことのある素材を披露しても仕方ないので文字だけね。ここ、戯言を書き散らかすブログなので。

カテゴリー
健康 日記

体力の限界

今日で44歳になった。

Google誕生日ロゴ

RPGのレベルアップによるステータスの変化でもないので、一つ歳を取ったからといって急に体にガタがくる訳ではない。

ただ、年齢というわかりやすい区切りになると、自分の体力が落ちたことに気付かされてしまう。

カテゴリー
オークション せどり 日記

物欲の減退

自分は現在、趣味と実益を兼ねてアマゾンやヤフオク、メルカリ等で転売を行っている。

もともとは自分の読み終わった本やいらなくなったCDにゲーム、玩具などを出品していたのだが、今ではそれに加えて古本屋で安く売っているコミックスを購入して全巻セットにして売ってみたり、セール品を購入して適正価格にして売って利ざやを稼いだり。

はたまた、今後絶対値上がりするであろうイベント限定品を並んで入手したり、今は注目されていないけど、今後ブレイクして品切れ必死なアイテムを青田買いしたりでちょっとした小遣い稼ぎをしている。

ただ、これをやっていると自分自身のコレクター魂というか、物欲がどんどんすり減っていくのがわかる。

なんというかコレクションというより、最終的に『どうやって手に入れるか』という体験や入手したという事実だけが大切になって、物自体はどうでも良くなってしまうのだ。

自分の部屋のスペースも限られているしね。

最近は漫画も転売目的以外はKindleで購入するし、音楽はiTunesだ。アニメのBlu-rayもよっぽど気に入った作品(ガルパンやまどマギ)は購入したけど、ちょっとシリーズ全話おさえておこうかっていう場合はAmazon.comで格安の全話入りを購入する。

こう考えると、自分が映画館に行くのって物じゃなくて体験のためなのかもしれない。

自宅では全然映画観ないからなぁ。

まぁ、おたくにとって物欲は最大の敵なので良いことなのかもしれない。

カテゴリー
映画

最近のムビチケカードが嫌い

映画が趣味の方にとって、前売り券を購入してその券自体もコレクションする方がいると思います。

以前、前売り券は紙製で、せっかく作品を楽しみにして事前に券を入手したのに、そのせいで自分の好きな席を予約することが出来ませんでした。

その点、ムビチケカードは個別の番号が割り当てられているのでネット予約にも対応しているし、カード自体も判型が決まっていてコレクションに適していました。

自分も、これまで観た作品のムビチケカードとってあります。

手元にあったムビチケ
手元にあったムビチケ

だが、そのムビチケが最近おかしい。

去年の秋頃まではテレカのようなペラペラだけど硬めの素材だったのに、最近はただの紙製なんです。

最近のムビチケ。紙の祭壇面が目立つ。
最近のムビチケ

この紙がトレーディングカードのように蝋引きやPP加工がされていればコレクションに値するアイテムになるんですけど、単なる厚紙。無加工だから裁断されたカードのフチも紙の白地が出ていて安っぽい。

裏側の二次元コードを隠す銀剥がしを金色にするなんていいから、以前の仕様に戻してほしい。

銀から金に変更された。

入場料の安くなる日や時間にばかり映画館に行くことになって前売り券を買って作品を待つことも無くなりそうだわ……

カテゴリー
映画

映画【パッセンジャー】感想

鑑賞:2017年4月1日12:00〜14:10

劇場:TOHOシネマズ小田原 スクリーン5 E12

毎月1日は映画の日。大人1100円につられて観てきました。

TOHOシネマズ小田原ロビー
TOHOシネマズ小田原ロビー

以下ネタバレありの感想。

カテゴリー
日記

ブログ開設

4月4日で44歳。新年度ということもあり、ふとした思いつきからブログの開設を思い立ち、せっかくなのでWordPressで立ち上げてみた。

アニメが好きで感想ブログを書いていたのが10年以上前。

趣味と実益を兼ねたオークションやせどりのブログを書いていたのが5年以上前。

最近はアナログのノートへのインプットがほとんどで、出かけたときや買い物なんかの報告やなんかをFacebookで身内に紹介するだけでアウトプットしなかったところ、すっかり読ませる文章を書かなくなってしまいました。

お金を出してドメインやらレンタルサーバーの契約もしちゃったので、これを機に読ませるための文章を書き続けてみたいと思います。

ちなみに、ブログタイトルの『おたごと』は、そのまんま『オタクの戯言(たわごと)』の意味です。