コロナ禍での映画館の取るべき手法

エヴァ完結編の上映が延期となりました。

この決断に関しては何の不満も無いというか正しい選択だとは思っています。

ただ、今後も新作映画の上映が調整されると考えると、映画館側としても上映プログラムの見直しが迫られているのかもしれませんね。

 

たとえば、この時期に新作を上映するのは観客数の関係で入場者数が減ってしまうことが考えられます。

ですが、それと同時に他の新作映画の上映が無いので、ジワジワと口コミで人気に火のつくタイプの作品ならロングランの可能性が出てきて結果的に入場者数を稼げる場合もあるのです。

 

個人的には話題の新作はコロナが収束してから順に公開していけばいいと思っているんですけどね。今になって思うと、昨年の映画館の休業要請が明けてからの旧作中心のラインナップも良かったと思うんですよ。

現時点では特に新作に拘らず、過去の名作のリバイバル上映とかライバルのいないスクリーンに空きのある状態ならかけられるようなインディーズ作品なんかで少数の観客を受け入れながら収束を待つのが正解なんじゃないかなぁ?

 

個人的には物販には力を入れてほしいと思っているんですけどね。上映時期でないと販売されない過去の映画パンフの復刻販売とかしてくれないかなぁ?他にも映画鑑賞記録ノートとかパンフレット専用ファイルなんかを売り出してもらえるとうれしいです。

 

映画館には、上映が完全に中止にされていない状況で自粛している客を呼び込んで安全に売り上げを作れる環境を望みます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です