映画を鑑賞しない私に家族から困惑の眼差し

昨年末から4週間、映画鑑賞をしていません。

ついに家族から【映画観に行かないの?】と声をかけられるようになりました。

元々の切っ掛けは母親に【出歩くな】と言われたからなんですけどねぇ。

 

でも、さすがに毎週のように足を運んでいた映画館に行かなくなるのは不自然に感じたのでしょうか?4週間ということは一ヶ月になりますからね。その間、出かけたと呼べるのは隣町をブラブラした挙句、電動バイクのバッテリー切れをしたのと、家から10分離れた歯科まで行って帰ってきた1時間だけですからね。

まぁ、こんな別方向の心配までされたことですし、来週以降は映画鑑賞を再開するでしょう。エヴァが公開する前に観ておかなくてはならない作品もありますし、現時点でミニシアター系の作品を近場で鑑賞できる唯一の映画館であるkikiは上映期間が短いので最優先で忘れずに鑑賞する必要がありますからね。

いくらこの非常事態と言えども適度な外出は必要ということでしょうか。一応、外出時に食事はせずにマスクも外さないようにはしますけど、無理な引きこもりはしなくてもいいのかもしれません。

少なくとも現在の感染に無頓着なアメリカ人よりは感染リスクは低いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です