書店の平置きが邪魔になってきた

月曜日に新刊が発売されるのでフライングを期待して書店に行ってきたのですが、目当ての本は置かれていませんでした。さすがに月曜日に新刊が発売する場合に日曜日のフライング販売というのはあまりないようですね。

 

ところで最近書店に置かれている売れている新刊の平置きが邪魔に思えるようになってきました。これって私だけですかね?

そもそも売れると気付いてから平置きをするっていうのがアレですし、話題になって売れている本は平置きしなくったって売れるものです。

 

あえて言うなら【数がさばける大量入荷の本は平置きするのが効率が良い】ということでしょうか。というより種類を多く並べるとなると1冊当たりの陳列数は減ってしまいますからね。結局平置きしか陳列方法がないということでしょう。

 

ただ、それならタイトルだけ出して注文カード方式でレジで本を受け取るという電化製品型の販売方法だってありじゃないでしょうか?

 

ベストセラーを購入する人は基本的にタイトル買いをする人で普段から書店を利用するタイプでもないでしょうから、こちらの方が都合がいいと思うんですよね。客がべたべたと触れていない本を購入することができますし。

ネット書店にはない利点を高める販売方法も大事かもしれませんが、ネット書店と変わらない利便性で買える販売方法というのも必要だと思うんですけどどうでしょうか?

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です