ボールペンの寿命

先週、ノートを書くときに使っているサラサクリップ0.5ブルーブラックの軸が折れました。

このペンは家から持ち出さず、常に部屋でノートを書くのに使用していた専用ペンだったので残念です。

ちなみに軸は数年使用していて、これまで0.7ブルーブラック→0.5黒→0.3黒→0.5ブルーブラックと芯を選んできました。現在の細さ&インクの組み合わせにしてからリフィル5本分ほど書いた結果、グリップ上部が脆くなっていて【パキッ】と折れたというより【もそっ】と曲がるように折れてしまいました。

 

完全に寿命ですね。

 

現時点で使用中のインク残量は3cm程度でリフィルの在庫は無しなので同じ銘柄の使用は止めて、新しい銘柄、太さ、インクを試してみようと思います。

 

ただ、ここ10年程のこだわりで、勉強やアイデアノートとして部屋で使うペンは100円台の安物をリフィルを交換しながら長く使うようにしているので定着するまでは長くかかりそうです。個人的にはビクーニャが好きなんですけど、本体価格の安さからリフィルを使用するお得感に欠けているのが残念なんですよね。

 

いっそ、ペン軸自体のカスタムでもしてみようなか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です