電動スクーターnotte V2のバッテリー劣化

本日、電動スクーターnotte V2で半年ぶり2度目のバッテリー切れを体験しました。

ただ、前回のバッテリー切れが満充電から45kmほど走った後に起こったのに対して、今日は30kmほどで切れてしまったのは問題かもしれません。

 

ずっと見ないフリをしていこうと思いましたが、バッテリーの劣化を思い知らされてしまいました。

 

バッテリー残量計の急激な低下

そもそもは購入から2か月ほど経ったころのこと。

職場からの帰宅後に充電して、翌朝の通勤時に満充電されているハズのバッテリーが、走り始めてすぐに数メモリ減ってしまうようになりました。

充電が出来ていないというより充電出来る容量自体が減ってしまっているといった感じです。

また、上り坂など普段よりモーターが酷使される状況だと、一時的に残量計が減ります(スロットルを戻すと回復します)。

正確な残量が全く読めません。

 

スピードの低下

それと、バッテリーがすぐに減ってしまうことの弊害として、最高速の低下も気になります。

もともとこのスクーターは、どんなに頑張っても最高時速は43km/hですが、現在の平地での最高速度は38km/h程度までしか出ません。

 

無論、原付一種の法定最高速度は30km/hではあるのですが、道路の流れや危険回避などのために一時的でも40km/hは出てほしいのです。

 

最高速度40km/h以下しか出ないとなると、上り坂では30km/h以下にまで落ちてしまって、道幅によっては自身の後ろに渋滞を引き起こす可能性もありますからね。

 

突然の不具合

そして、これが一番困るのですが、充電がキチンとされていなかったり、信号待ちで突然電源が落ちるという異常がありました。特に今日の場合、残量計は半分以上残っているのに、信号の右折待ちで交差点の中で止まっている最中に突然ウインカーの作動音が聞こえなくなったと思ったら電源が落ちていました。

 

これは事故に繋がる恐れもあるとても危険な不具合だと思います。

 

一度、メーカーに問い合わせる必要があるかもしれませんね。新しい商品ですし、バイク店では滞欧出来ないでしょう。

 

まだ購入から半年ちょっとなんだけどなぁあ。

電動スクーターnotte V2のバッテリー劣化” への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です