手持ちの【飲み会のルール】が少ない

本日、友人との飲み会で本厚木の鳥貴族に行ってきました。本来なら愛甲石田駅近くの万年山という場所での開催の予定でしたが、8月末に閉店とのことで急遽変更となりました……あのもやし炒めはもう味わえないのか……。

 

ちなみに私は基本的にアルコールがなくても問題ない人間なので、参加する飲み会は親しい友人との集まりとかネットビジネスの集まりの後の懇親会のようなものに限られます。

数少ない飲み会の場所は、チェーン店によくある大体同じような価格帯で、同じような面子での飲み会がほとんどなので飲み会のルールも同じようなモノとなります。

結果として、様々な飲み会を体験しなかった分、手持ちの【飲み会のルール】が少ないまま40半ばまで過ごしてしまいました。

サシ飲み(性別、親密度により変化アリ)、飲みニケーション、愚痴への付き合い、参加者多数の立食パーティー形式……想像できる飲み会のバリエーションの少なさからして経験値の足りないことは自覚しています。

この歳になると、今後の経験が増えるとは思えません。今持っているルールをうまくアレンジして誤魔化しながら様々な飲み会に対応していくしかないのでしょうね。

 

まぁ、新たな関係による飲み会に参加しないという選択肢の方が多いのですが、本人の参加意思とは別の場面で強制参加が決定している飲み会というのも数多く存在しますからね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です