電子書籍なら無料で雑誌を出していいんじゃないか?

その昔、漫画雑誌の【ガロ】は、原稿料が0円の代わりに編集からの縛りの少ない自由な作風で作品を掲載することができました。ちなみに漫画家の収入は原稿料ではなく単行本の印税によって得られます。

ちょっと意味合いは変わってくるけど【小説家になろう】のような小説投稿サイトって、現代のガロのような意味合いがあるんじゃないでしょかね?

縛りの少ない自由な作風で作品を掲載することができるんだけど特に収入には繋がりません。収入となるのは書籍化がされてからといった部分がです。

 

そこでもう一歩先を見て考えると、電子書籍で無料で雑誌を発行するというのはアリなんじゃないでしょうか?

“電子書籍なら無料で雑誌を出していいんじゃないか?” の続きを読む