最近、なろう発ラノベのコミカライズ早すぎない?

昨日、Kindleで【千のスキルを持つ男】を購入しました。

書籍版も購入していますが、特に期待することもなく淡々と物語を楽しむタイプの作品だと思います。基本設定がそこまで【俺tueee】じゃないからかな?

 

ところで、書籍化(現在2巻)したとはいえ、そこまで人気作とは思えないし、ちょっとマンガ化するの早すぎませんか?

思えば、最近のネット小説発のラノベは唐突なコミカライズが多いですよね?

確かにサイトの人気投票で一定数の支持が得られていることが表に見えているので書籍化するのはなんとか理解できるのですが、そこから一歩進んでコミカライズとなるとまた別の問題も出てくるので時期尚早だと思うんです。

 

やっぱりこれは単純に【数撃ちゃ当たる】でマンガを送り出すのに都合の良い弾役なんでしょうか?……作品が当たれば更なるメディアミックスが見込めますし、外れた所でそのままエタればいい……

 

作品に対する敬意が見えてこないのは悲しいことなんですけど、文字だけの媒体には取っ付きづらくてもマンガなら読むという層も確実に存在しますし、まだ見ぬ人気作品の発掘のためなら賢い手法なのかもしれません。

 

でも、やっぱ安直だよなぁ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です