メガネはいつ買い換えるべきか?

その昔、眼鏡は高価な買い物でした。

 

私が初めて眼鏡を着けたのは約30年前の中学生の頃で、価格は2万円ちょっと。今着けているのが12000円程度なので当時としては高級品のイメージが有りました。

以来ずっとお世話になっています。

 

この眼鏡は3〜4年使用した記憶があるのですが、現在では最長でも2年で買い替えています。

 

みなさんはメガネをどのくらいで買い替えていますか?

上記のとおり私のメガネ生活は30年以上です。

20代の頃、一時期コンタクトを試したこともあるのですが、購入して1週間もしないうちに職場の洗面所で流してしまいました。ハードコンタクトで破損したら欠片を販売店に持ち込めば保証で新品と交換してもらえるとのことだったのですが、紛失だったので一発アウトとなりました。

そして自身のコンタクトに対する適正のなさを痛感してからというもの使用を諦めました。スポーツやレジャーで使い捨てコンタクトを何度か使用しましたが、結局はメガネに戻っています。

 

最近は睡眠不足による瞳の乾燥や加齢による劣化からか飛蚊症が気になり始めて、ますますコンタクトは使えなくなりました。

 

こうなると眼鏡への依存は更に高まります。

 

これまでの経験で普通に使用して新品から目に合わなくなったり傷で見えにくくなってしまうリミットが2年と把握しています。

そこで1年で新しい眼鏡を検眼から作って(前の物と同じレンズでは作らない)、残り1年使えるであろう古い眼鏡を予備に回します。

1年後、新しい眼鏡を作ったら予備を廃棄して使用中の眼鏡を予備に回すわけです。

 

映画鑑賞で眼鏡の精度には気を使うので、1年毎のサイクルは今後とも維持していくことになりそうですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です