カテゴリー
文具

シャーペンの芯の補充が面倒くさい

普段の筆記はボールペンや万年筆を使っているのですが、ラクガキなどの場合は鉛筆やシャーペンを使うことになります。

細かい部分を描くのにはシャーペン一択なのですが、これがクセものです。

 

実は私、シャーペンの芯の補充が下手くそなのです。

そもそも、みなさんは一本のシャーペンの中に芯を何本入れていますか?

私の場合、最低三本……可能なら入れられる限り芯を詰め込むのですが、気がつくと中で芯が折れたり詰まったりしてしまいます。

 

いい加減、学習すれば良いだけの話なのですが、一本ずつ入れても折れるときは折れるし、一本の芯を折らずに最後まで使用すること自体があまりないので【一本だけ補充する】というのがありえないのです。

 

いっその事、芯一本単位ではなく、シャーペンの芯を購入したときのケースごとシャーペン本体にセットして、使い切ったらケースごと交換するような商品が発売されないものですかね?

 

正確にはシャーペンの軸の一部のような形状で、シャー芯ケースを本体にねじ込むとケースの中の芯が本体に供給されるようになるのです。繰り出し機構はシャーペンの尻(頭?)ではなく持ち手の先に付けたり振って出すようにしたりすれば機構的な問題は無くなると思います。

 

芯を使い切ったらケースごと交換するという仕様です。ケース内に入れられる芯の本数は減ってしまうかもしれませんが、100円ショップでシャー芯買っても、使い切る前にどこかに失くしてしまうようなズボラな性格なので、シャーペン本体と芯ケースを紐付けたほうが紛失も無くなり一石二鳥になると思います。

 

こんな商品出ませんかね?

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です