正直、自室に窓はいらない

自分は40過ぎですが未だに実家に住んでいます。

この家、自分が20歳位の時に新築で建てた物件なので(当たり前だけど自分がメインでローンの支払いしているわけじゃないよw)自室のレイアウトには色々と注文をつけています。

 

それでも、あの頃に戻れるのであれば湘南ミサワホームの担当の人にはこう伝えたい。

【自分の部屋に窓はいりません】

 

……いえ、昼から真っ暗というのはありえないので全く窓を作らないというのはナシにするとして、角部屋だからと言って2方向に窓をつけたり、出窓にしてみたりしたところで使い勝手が悪くなるだけでした。

 

そもそも、こちとらオタクで大量の書籍を部屋に置こうとしているんですよ。窓なんてつけたら壁の面積が減るじゃないですか!……自動的に書棚の設置スペースも減るってしまいます。更に濃いオタクならポスターのスペースの減少に苦しむことになります。

 

出窓も無駄!読んでいる最中の本を積んでおくくらいしか使い道がないですし、ヘタすると飲み終わったペットボトルや空き缶、栄養ドリンクなんかの瓶がズラリと並ぶことになります。飲み屋で日本酒の瓶が並ぶのとは意味が違う!

 

さらにクローゼットの中に作り付けのバーを設置して上着をかけられるようにしたのも失敗でした。オタクで衣装持ちなのはコスプレが趣味の人間だけだろ(暴論)。普通に何もないスペースにすれば引き出し式の書棚を設置できたし、押し入れタイプの上下分割にすればコレクションの保管なんかにも便利だったでしょう。

 

あなたがオタクで今から新築する方、引っ越しをする方でしたら、ぜひ壁の面積と自ジャンルに適した収納を確認して、部屋の設計や賃貸の候補にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です