カテゴリー
ガジェット

俺の原付欠陥品!

自分の愛車(原付一種)はヤマハのVOXです。

他とは異なるスタイルに惹かれて購入したのですが、数年たった今でも【これどうなの?】という部分があります。

現在では生産が終了してしまったVOXの【ダメな部分】を挙げ、今後ヤマハには決定版と呼べるような新デザインの原付を出してもらいたいというのが狙いです。

それではVOXのダメポイントを書いていきます。

フルフェイスヘルメットが入らない!

この原付を購入した全てのユーザーの感想。【34リットルの大容量シート下トランク】とか謳っていますが、フルフェイスヘルメットが入るだけの深さがなければ意味がないでしょう。

バイクメーカーのクセして半帽推奨なのでしょうか?安全面から考えてフルフェイス……最低でもジェットでないと転倒時の頭部側面を守れないでしょう。

無駄にデカいボディ

駅の駐輪スペースに停めるのに何度切り返せばいいの?しかもどんなにピッタリスペースに収めようとしても結局はみ出します。

自分が利用している駐輪場はバイクは50CC以下まで利用可能となっていますが、この原付の長さを駐輪場側は想定していなかったんじゃないかなぁ?

ぶつけられる可能性もあるのでもう少し小さく仕上げるべきだったと思うのです。

さらに無駄にデカいシート

原付一種は一人乗りです。こんなデカイシートにする必要あったのでしょうか?そんなんだったらシート後方を変形させてフルフェイスヘルメットをしまえる容量を確保しろよ!

 

今後の原付一種は排気ガス規制の関係もあり電動が主流になると思われます。電動は走行距離を少しでも伸ばすためにボディの軽量化の要求がガソリン車より高いですし、バッテリー搭載スペースの確保のためVOXのような大容量のトランクスペースを確保するのは難しそうですが、ぜひともこの問題を克服して新たな原付のデザインを生み出してもらいたいものです。

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です