オリジナルフィギュア専門イベントの必要性

本日【ワンダーフェスティバル2018夏】が開催されました。

 

自分は初めから行くつもりもなかったうえに今日開催ということすら忘れていたのですが、ニコ生の特別番組やGIGAZINEの特集記事なんかはひと通り目を通します。

企業発表の立体物のトレンドを見たりアマチュアディーラーの造型や客足を見るのも面白いし、最近のフィギュアのスケールと値付けを見るのも色々と勉強(?)になります。

 

ただ、やはり初心者にとっては煩雑ですしディーラー登録も高額(27000円!)で初心者には手が出ないですね。

 

そろそろ版権フィギュアは展示のみで販売するフィギュアはオリジナルのみのリーズナブルな参加費のイベントが出来てもいいんじゃないかなぁ?

 

以前、ワンフェスではメカトロウィーゴというオリジナルメカの大ヒットシリーズが出ました。結局ワンフェスでオリジナルを発表している人たちの目指す場所はアレなんですよね。自身で版権を確保した商品を開発してヒットさせたいってやつ。

でも、さすがにソレは敷居が高い。そこで次善の策としてオリジナル専門の造型イベントを開催して発表と販売の場を作り、造型ファンの目をオリジナル作品に向けるということが必要になってくると思うのです。

 

いうなれば【立体版コミティア】ですよ!

 

まぁオリジナルで版権の必要が無いのであれば普通の同人誌即売会で販売することも可能かもしれませんが、オリジナル同人誌とオリジナルフィギュアでは客層にも隔たりがありますからね……反応はあるとしても売れるかどうかは微妙です。

 

オリジナルの造型イベント……開催されないかなぁ?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です