カテゴリー
ガジェット

スマホにバッテリーを内蔵しなくてもいいんじゃない?

もはや個人が1台所持しているスマートフォンですが、いくら薄型になるとはいえバッテリーの存在がネックとなってデザインに制限ができています。

でも、スマホ本体にバッテリーを内蔵する必要ってあるのかなぁ?

端子に接続することなくドッグの上に置いておくだけで充電できる非接触型の充電器ってあるじゃないですか?

あれが可能なのであれば、容量の大きなバッテリーを内蔵するのではなく、内部データの最低限の保持をするための小さなバッテリー、もしくはバッテリー代わりのコンダンサなどだけにして、通常の使用で必要とされる電源は外部に用意して非接触で内部に供給するスマホが出来てもいいと思うんだけどなぁ?

 

使用電量>供給電量で現時点では実現不可能なのかもしれないけど、普通に研究されて実用化を目指してもおかしくないアイデアだと思う。

 

最終的には本体とバッテリーは鞄の中とかリストバンドタイプになっていて、タッチパネルモニターとマイク付きイヤホンの3点独立した端末とか発売されるかもしれませんね。

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です