カテゴリー
コラム

収納付きベッドの新提案

基本的に収納がついているベッドというのは【マットレスの下に収納スペースを設ける】ものだ。

ベッドで一番スペースを食うのが寝る部分なのだから当たり前だ。スペースを有効活用するためにマットレスの位置を上げてロフトベッドにする方法もある。ここまでくると収納を超えて居住空間の確保になる。

 

でも、寝る場所を上にするのって生活空間としては微妙だよなぁ。

いっそのこと2段ベッドのような作りで上段を収納にするっていうのはどうでしょう?

まぁ過剰積載や地震などによる破損は危険ですが、そんな問題もおきないくらい頑丈に作れば、むしろ非常時でも確実に安全を確保できるセーフゾーンとして有効になるんじゃないですかね?

 

最終的な形態として【壁全面の収納にベッドの形にくり抜かれている】というのが理想なのですが、もし実際にあったら物凄いビジュアルになりそうですね。

 

いつかBOOK AND BED TOKYOみたいな家に住んでみたいですね。

 

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です