カテゴリー
IT

【仮想通貨】という言葉の違和感

近年巷で話題となっている仮想通貨……自分の周りでも熱心に取り引きしているしている人がいます。

 

でも、よくよく考えると【仮想通貨】って言葉、おかしくないですか?

通貨とはそもそも【仮想】のモノ

そもそもお金の成り立ちは物々交換のレートを合わせるためとか、価値を落とさないまま所有し続けられるように生み出されました。

 

つまり、お金とは元来【このお金にはこれだけの価値がありますよ】ということを皆で取り決めて使用されるようになったのです。

 

言うなれば通貨の価値なんて全て【仮想】じゃないですか?

 

今更仮想通貨とか言われてもなぁ。

 

逆に言うと仮想通貨を【胡散臭いもの】のように見る必要もないわけです。共通の価値を見出す者同士の間でなら通貨として問題なく使われることでしょう。モバマスのスタドリ、エナドリだってユーザーの中では立派な仮想通貨です。

 

個人的には【仮想通貨】の個々の銘柄なんかより、【同じ物に共通の価値を見出す】ということに着目したいです。最終的に仮想通貨の価値なんて取り扱うユーザーの多少によって生まれる数字の大小だけでしょ?仮想通貨を胡散臭いというのであれば、【結局仮想通貨の価値は実際の通貨で測ることになる】って所でしょうか?税金問題とかあるかもしれないけど、それなら結局普通の通貨でいいじゃん。

 

ホント通貨として見るならスタドリエナドリのほうがよっぽど通貨として価値がありますよw

 

 

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です