カテゴリー
コラム

漫画喫茶、ネットカフェの利用

個人で所有するマンガには物理的にも金銭的にも限度があります。

 

自分の場合、月に1、2度漫画喫茶を利用して見逃した作品を読んだり過去の作品を一気読みしています。また、映画のハシゴの際、空き時間が出来てしまう場合の短時間で利用したりもします。

ところで、みなさんは一度の入店でどの位の時間利用するものなのでしょうか?

 

現在会員登録している店舗は快活CLUBメディアカフェポパイです。

快活CLUBは秦野店(メイン店舗)と海老名店、ポパイは本厚木店と町田店を利用するのですが、基本的に秦野は長時間、その他は1、2時間の滞在になります。

 

ただ、こういった店舗を利用する際、はじめにしっかりと意識しておかなければいけないのが【あらかじめ読むマンガを決めておく】ということ。

 

店内をウロチョロしながら大量のマンガの背表紙を考えなしに眺めていても時間の無駄です。自分の場合、話題になったマンガで未読のモノや現在出ているマンガで【どこまで読んだか】なんていう情報をEvernoteにメモっておいて店舗に入った瞬間に読むべき作品を手に取れるように準備しています。

 

特に映画と映画の間の時間に利用する時は時間との戦いです。迷っているヒマないですよw

 

ということで、長く居ても短時間の利用でも漫画喫茶にいる時のスケジュールはタイトです。実際の時間以上の濃密な時間を体験しています。

 

とてもじゃないけど【カフェ】とは180°違う空間であることは確実ですね。

 

もうちょっと余裕を持って普段自分の読まないような作品にも触れてみたいんですけど、こればっかりは性分だからなぁ。

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です