カテゴリー
コラム

オタク分野でまだまだ英語は必要

最近はほとんど同時に翻訳が可能なガジェットの開発も進み、言語の壁は低くなりつつあります。

それでもオタク趣味を楽しむのに日本語と同程度に外国語が出来るのは強力なアドバンテージとなるでしょう。

 

 

YouTuber

最近の小学生のあこがれの職業でYouTuberなんて声も聞かれますが、動画投稿を目指すのであれば英語は必須のスキルだと思うのですけど、動画でバカを晒す前に世界中に自身の発言を届けるための最低限の準備として英語を学ぼうとする子供はどのくらいいるのでしょうね?

 

日本語圏の視聴者と英語圏の視聴者を比較すれば、どちらを対象にした動画を投稿すればPVが稼げるのかは考えるまでもありません。日本人という狭い範囲に向けて発信するよりも世界に向けて発信した方が分母が多い分だけ発言権も高まると思うのですが。

 

絵師、同人活動

日本人にとってのオタク系お絵描きは競争率が厳しすぎます。これが英語圏に向けてとなると実践する人も少なく、需要と供給のバランスからまだまだ時間もあります。相手のリクエストに応じてイラストを提供してギャラをもらう行為も海外では一般的ですし、【ココナラ】みたいなサイトに登録されている方で英語でのやり取りが可能であれば、専門サイトでの受け付けでも個人的な募集でもギャラの発生するイラストを描くことが可能になるでしょう。

またeBayで原画の販売を行うことも可能ですね。

 

ブロガー

海外の反応ブログの他に、単純に海外のニュースを日本語にして紹介するだけでもアクセスを稼ぐことが出来ます。それとは逆に日本のニュースを海外に発信するのもよいですね。

 

英語自体が日本人にとっても重要なスキルであることは事実ですが、翻訳サイトでなんとかなる可能性が高いです。それでも必要となってくるのは【オタクというジャンルで使用される専門用語のニュアンスを英語↔日本語で伝えることが難しいから】に他なりません。

 

自分みたいに40過ぎのオッサンじゃ今更勉強も難しいんですけど、若い人には英語の勉強には力を入れてもらいたいですね。

 

 

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です