カテゴリー
映画

不自由であることのメリット〜映画鑑賞

普段映画館を利用しない方は、その理由のひとつとして『自分の好きなタイミングで見られないから』と言います。

たしかに上映開始時間や上映期間は決まっています。自宅で録画したドラマを見るのと比較すると自由度は圧倒的に低いでしょう。

 

でも、【自由】なことで得られるメリットを考えると同時に被るデメリットについても考えてみませんか?

 

 

作品に対する集中力

自宅のテレビで見る際に作品に集中してそれ以外の行動をとらない人ってどの位いるでしょうか?

また、【トイレ行きたくなった】とか【今の場面もう一回見直したい】なんて理由で一時停止したり巻き戻ししたりしたことがない人っているのでしょうか?

自宅でのテレビには、ここまでさせる拘束力はないので外部からの要因で意識は作品から離れていきます。

 

不自由さがメリットとなる

映画館は【決められた時間】に【お金を払って】入場し【映画を観る】ことに専念させます。結果、自然と作品に集中することになります。

テレビとは異なる不自由さがメリットとなるワケです。

 

パンチ限定の格闘で技術の純度を上げたボクシングとか味集中カウンターを導入してラーメンのみに向き合うように務める一蘭なんかと同じですよ(オタクがよく使う分かりにくい喩えw)。

 

自分の場合、あまり集中力がないので、あまり家では映画を観ません。

 

自分が映画館で映画を観るのは【それが一番映画を楽しめるから】なのだと思います。

 


漫画・アニメランキング

 

円盤を購入して『これでいつでも楽しめるぞ』なんて考えると、結局ぜんぜん見なかったりすることになります。

 

やっぱり映画は映画館で観たほうがいいです。

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です