カテゴリー
文具

KING JIM 福袋

みなさん今年の正月は福袋を購入しましたか?

 

自分の場合、元旦初売りの日は朝イチから映画館に行ったので観賞終了後には目ぼしい福袋は売り切れていました。

 

そんな中、ららぽーと海老名の中の書店、有隣堂の入口付近に【KING JIM 福袋】なるニッチかつピンポイントな福袋が置いてありました。ビニールの手提げに入っているだけで内容の確認は容易なうえに大したモノが入っているわけでは無いのですが、そこは文具好きということもあり思わず購入してしまいました。

 

以下、内容のレビューです。

 

外見

中身を隠す気のない外見。死に筋商品を放り込んでいる感が透けて見えます(半透明なだけに)

 

中身

中身は

  • A4 2穴ファイル×2
  • A4 SHOT NOTE スケッチブック
  • B5 SHOT NOTE ルーズリーフ
  • A5 LINK NOTE (リングノート)
  • A6 SHOT NOTE (リングノート)
  • A7 SHOT NOTE (リングメモ)

の計7点。

 

SHOT NOTEおおすぎぃ!

 

……ちなみに値段は1000円です。

 

個別アイテム紹介

 

A4 2穴ファイル(その1)あまりにシンプルな厚紙表紙の2穴ファイル。リングの開閉は指で「えいっやぁ!」と開くだけなので、こまめに開閉するというよりも日報とかを蓄積させていくような使い方をされるタイプ。

Amazonで調べたところ定価702円、販売価格545円

定番商品と思われるのに商品レビューが書かれていないので、まさしく【どうでもいい】商品なのでしょう。

A4 2穴ファイル(その2)こちらはリングがレバー開閉式なので、頻繁に中の書類を入れ替える際に重宝します。難点はリング基部をファイルの外装から固定している部分のデザインに凝りすぎていること。

タイトルを書くスペースもないってファイルとしてどうなの?

定価864円、Amazon価格606円

この時点で元は取れている計算。

 

スケッチブックタイプのショットノート。今回入っていたノートの中では比較的使いやすいアイテム。

テキストはテキストファイルで残しておきたいタイプなのでショットノートを利用するのは図を保存するくらいにしか使わないので、こういった判型がありがたい。

 

 

 

 

意外に使い勝手が悪い。

テキストを画像で保存するというのが効率が悪い最大の要因だと思う。

また、保存できる有効スペースが中途半端なのもマイナスポイント。

 

このアイテムの効果的な使用方法を教えてほしい。

 

 

 

実は使用したことがないのでなんとも言えない。

今回入っていたアイテムの中で一番死蔵する可能性が高いです。

ショットノートより新しい商品だと思うのですが、需要はあったのでしょうかね?

 

 

 

 

 

昔、このノートにレシートを貼って横にメモ書きしたものを記録していたことがあるのですが、レシートそのものを撮影するアプリに出会って存在価値が無くなりました(ヒドイw)

ちょっとサイズ的に半端なんですよ。

 

 

 

 

 

トレーディングカードの撮影をする時に台紙としてよく利用しました。

歪みの補正を利用すれば、カードを正面から撮影した画像を保存できるのでリスト作りにはおすすめです。

遠方のコレクター仲間とヌケカードのトレードをする際、チェックリストを撮影して画像を送りあって確認したのもよい思い出。

 

でも、もう必要ないかな?(オイ

 

 

 

 

総評

およそ3000円分の商品が入っていたので金額的には問題ないのですが、内容的には完全に不良在庫の放出的なラインナップでした。やっぱりキングジム縛りの福袋っていうのに無理があったとしか思えません。

 

もうちょっと広く【文具福袋】とかにしてもらえれば、もうちょっと満足度の高い福袋が作れると思うんだけどなぁ。

 

来年は素直にLoftの福袋にしようw

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です