カテゴリー
健康

難消化性デキストリン

過去の買い物でも紹介していましたが、ここ1年ほど夕食前に難消化性デキストリンを黒豆茶に溶かして飲んでいます。

腸の具合も良く毎日快便なのですが、毎朝野菜ジュースを飲んでいることもあり、イマイチ【コレのおかげで】と言いきれるかというと少し疑問を感じていました。

 

そこで同じ難消化性デキストリンでも別のメーカーの物も試してみて効果の違いを確認してみてから使用の継続、中止を判断することにしました。

これまで使用してきたものと新たに購入したものは、値段、見た目や顆粒の感じ、飲み物への溶け具合などまったく見分けがつかないのですが、効果を実感できたのは初めの方でした。

 

正確に言うと別の商品に切り替えてから徐々に便の出が悪くなってきました。最近はトイレタイムが明らかに長くなったうえに量が出ずにお腹の張りが気になるようになってきました。

 

初めに書いたように両方共ほぼ同じ商品……強いて言うなら初めの方は原材料がとうもろこし、新たに試した方は原材料が小麦ということでしょうか?

 

難消化性デキストリンはこれらに加えて原材料が米のものもあるみたいなのですが、とりあえずこの3種類の原材料の物を順に試してみて自分にあったものを飲み続ければ効果が期待できるのではないでしょうか?

 

効果をあまり感じなくなった小麦由来の難消化性デキストリンを使い終わったらこれまで購入していた銘柄に戻して今後も飲み続けることにします。

 

これだけあからさまに効果を体感してしまうとなぁ……

 

ちなみにコチラがその商品。安いんで気になる方は試してみて、ひと月使用して効果が実感できなかったら原材料の異なるモノを試してみてね。

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です