カテゴリー
ビジネス

ガシャポンマシンの新支払いシステム

 

自分が子供の頃、ガシャポンマシンの料金には20円(10円玉×2枚)50円玉、100円玉がありました。

その後、ガシャポンの景品のクオリティも上がり、値段も100円から500円まで上がりました。

値段が上がったにも関わらず、支払いは相変わらず硬貨……

 

そろそろガシャポンもキャッシュレスにしていいんじゃないですか?

たとえば駅限定で電車をモチーフにしたガシャポンを用意して、支払いをSuicaやPASMO限定にするのはどうでしょう?ガシャポンの料金の回収は結構な重労働ですし、マシンを壊されて中のお金を盗まれる可能性もあります。

 

マシンの中にお金が入っていなかったら解決する問題だと思うんですよ。

 

また、この手の交通系ICカードでは自動チャージにしている人もいるので、消費者に『財布の中にある分だけやってみよう』という感覚から『目当てのアイテムが出るまで回してやろう!』と意識を変えさせることが出来るかもしれません。小銭が切れて両替をしている最中に後ろに並んでいたヤツに一発で目当てのアイテムを掻っ攫われるリスクもなくなります。

 

世の中はキャッシュレスに向かっています。支払いはクレジットカードやプリペイドカードに移行しつつあるのに生活に直接関係のないガシャポンで大量の硬貨を使用するのはナンセンスだと思うのです。

 


漫画・アニメランキング

 

こういったカード支払いだとポイントを付与して【◯回購入すれば1回無料】なんてことも出来るようになりますし、新しい楽しみも生まれるんじゃないですかね?

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です