カテゴリー
映画

見逃した映画をフォローする

今週末の映画の上映スケジュールを確認すると明日で劇場版コードギアスの第1作が終了することに気付いた。本当は先週末に鑑賞予定だったんですけど、ブレイブストームとスケジュールが被ってあちらを優先してしまったんですよね。

そんな時に活躍するのが昔で言うところの【二番館】とか【名画座】的な位置付けの映画館です。

自分がメインで利用している映画館はTOHOシネマズ。ここは業界大手なので上映スケジュールは基本的に封切りと同時に上映が開始され、以後の新作の封切りや観客数の兼ね合いで上映期間が決まります。

つまり、新作や大作が数多く予定されると客足の伸びない作品からどんどん上映期間が短くなっていくのです(最初から期間限定で上映されることもあります)。

こうした短期上映作品は昔でいう二番館(最新の映画を上映する封切館での上映期間が終わった後、次に上映される映画館)のような映画館で上映開始されます。作品の公式サイトには大抵上映される映画館が掲載されていますが、スケジュールを見ると上映期間にズレのある劇場が見受けられます。これがいわゆる二番館的位置付けの映画館です。

 

劇場版コードギアスの公式サイトで確認したところ、自分が足を運べる範囲ではシネプレックス平塚で12月2日より上映開始のようです。これでどうやら見逃しは回避できそうですね。この劇場では以前もファウンダーの上映で二番館的な使われ方をしていました。マイナー作品をズラしてフォローしてくれるのでとても助かります……これでもう少し施設が良ければなぁ。

 

その他、過去の良作の振り返り上映という【名画座】的位置付けの劇場だと、自分の行動圏内では【アミューあつぎ映画.com】があります。以前は劇場版響けユーフォニアムやラブライブの上映が行われて利用させていただきました。普通の映画館ではとっくに上映終了している時期だったというのに入場特典のフィルムコマのプレゼントまで行われたのでなかなか侮れません。

現在予定されている上映予定でも、先ごろ見逃した関ヶ原やドリームがラインナップされているので、また利用することになりそうです。

 


漫画・アニメランキング

 

日常の生活圏内に映画館のない暮らしでは興味のある作品を上映期間中に全て鑑賞するのは難しいことです。

こういった劇場の存在が映画ライフを充実させてくれるので、いつまでも続いてほしいですね。

 

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です