カテゴリー
映画

映画【ジャスティス・リーグ】感想(ネタバレあり)

2017年11月24日。ブレイブストーム鑑賞後、昼食を挟んでジャスティス・リーグをハシゴしてきました。久しぶりのIMAXだったので3Dメガネを新調しましたよ。

 

以下、ネタバレありの感想です。

 

スーパーマン亡き後の世界

バットマンVSスーパーマンから続く世界なのでスーパーマンという抑止力が無くなり、希望が無く悪事が軽くなった時代。バットマンが超人を集めてチームを作りアベンジャーズ巨大な悪に立ち向かうといったお話。

 

おおまかな役割は、

  • バットマン……チームのスポンサーだけど能力は最弱。金持ちなのが実力に繋がらない所がアイアンマンとの違い
  • ワンダーウーマン……メイン盾でチーム唯一の女性枠。
  • アクアマン……攻撃担当だけど槍を用いての直接攻撃のみというのが地味。水の声が聞こえるけど電波ではない。
  • サイボーグ……いかついけど情報戦担当。今作のキーマンなんだけどキャラクターの掘り下げが足りない。
  • フラッシュ……スピード担当、この映画で最も人気を獲得できたキャラ。

といったところ。

この【チームリーダーの戦闘力がチーム最下位】というのが悲しいところですね。アヴェンジャーズのキャプテンアメリカも戦闘能力ではチーム内で低い方ですけど戦えないわけじゃないですからね。バットマンはマジで雑魚キャラ一体に苦戦するレベルの実力しか持ち合わせていないですからね。

今後、バットマンはプレイングマネージャーではなく監督業に専念するべきなんでしょうけど作品的にはそうも言っていられないからなぁ。

 

スーパーマンの復活

事前情報では伏せられていたけど、誰もが信じて疑わなかったスーパーマンの復活はアッサリと実現しました。ただ、復活当初の混乱している際、チームの面々と戦うことになる場面での恐ろしさは良かったです。RPGで敵キャラが味方になった途端に弱くなってムカつくことはよくありますけど、スーパーマンは敵だろうが見方だろうが圧倒的です。リモコン奪われた鉄人28号かよw

 

正直言うとジャスティス・リーグの存在意義は彼一人の活躍で一気に吹き飛んでしまうんですよね。今作のラストバトルでも敵キャラとの戦いであんなに苦戦していたのにスーパーマンの存在で180°ひっくり返りました。

 

まぁ、実力的には妥当な話なんですけど、アメリカ人がスーパーマンに抱くイメージを思い知らされた感じ。これだけ強くてもまったく違和感がないし『当然』とすら思えます。

 

今後のDCEUのチームは、バットマンの資金力とサイボーグの情報収集能力を駆使して、『スーパーマンをいかに効率よく現場に急行させるか?』さえ突き詰めていけばどんな事件でも解決しそうです。これでアクアマンをリストラできてブルース・ウェインもひと安心だねw。

 

フラッシュ

この作品の救い。重くなりがちな内容をフラッシュの明るさと空気の読めなささが軽減してくれました。彼の一芸であるハイスピードも、このカテゴリーではスーパーマンとすら張り合えるという実力で普通に凄いです。

あと、高速で動くビジュアル表現がいいですね。これで仮面ライダーカブトのクロックアップばりのケレン味あふれる表現が加われば最高なので、予定は決まっていないけどピンで映画化する際はスタッフにカブトを見せて予習してもらいましょう。

 

総評

楽しめることは楽しめるんだけど、先日観たマイティ・ソー バトルロイヤルが良すぎて印象は弱め。画面のクオリティもザック・スナイダー降板で個性が減ってしまい印象が弱まったかも。映像ソフト販売時は彼の編集したスペシャルエディションも出してほしいなぁ。

 

あと、メンバーの弱さも気にかかります。特にアクアマンなんてピンで保たないでしょ!……やっぱりヒーロー集合作品は個々で作品を作ってからやるべきだと思う。集合作品からピン作品出しても『あの時のパットしなかったやつがメインの映画?誰が観るんだよ!』になりかねません。

 

それを考えると来年のマーベル映画【ブラックパンサー】も結構ヤバイかもしれませんね。

 


漫画・アニメランキング

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

「映画【ジャスティス・リーグ】感想(ネタバレあり)」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です