カテゴリー
ビジネス

個人向け動画スタジオレンタル

YouTubeやニコニコ動画で歌い手やゲーム実況を行っている方は、基本自宅で撮影していると思います。

でも、動画配信がこれだけメジャーになっている時代なのだから、そろそろ【個人向けの動画配信専用スペースのレンタル】という業種が出来てもいいんじゃないですかねぇ?

こういった業種を初めそうな業種は何種類かあります。

普通の音楽系レンタルスタジオ

 

通常バンドの練習なんかで使われるスペースを動画製作者向けに細かい時間設定で格安でレンタルするというもの。利点は既に機材が揃っていること、弱点は料金が割高になってしまうこと。

これを本業にするのではなく、本業のスキマ時間に個人向けレンタルとしてハコの稼働時間を増やすというコンセプトでの価格設定をすれば売り上げの足しになるのではないでしょうか?

 

カラオケBOX

 

カラオケ店の部屋を少団体向けの会議室として貸し出している所もありますが、動画撮影者向けの目的で開放する方が違和感がないと思います。個人的にはヒトカラ用の狭いカラオケルームに新たに【動画配信者向け】というコンセプトを付与できます。

自分がメインで使用しているネットカフェ(快活CLUB)で導入しているカラオケスペースが動画撮影できるんですけど、ちょっと音漏れが気になるからカラオケメインの店舗で導入してほしいです。

 

レンタルオフィス、Airbnb

動画撮影施設のあるレンタルオフィス。YouTuberという職業が確立するのであれば動画撮影に特化したオフィスの価値も高まりそう。レンタルオフィスを使用することの多いネットメインの個人事業主なんかはビデオセミナーなどの動画教材の撮影でも利用できますし需要はある……ハズ。

Airbnbは部屋の貸出のウリに動画撮影可能を謳ったもの。近所に特別なウリがない場所でもクリエイター系に贔屓にされる設備があれば利用されるのではないでしょうか?

 


漫画・アニメランキング

 

最近はカラオケ店の客入りも全盛期から落ちてきていますし、こういった売りを付加していくことによって新たな需要が生まれると思うんだけどなぁ。

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です