カテゴリー
ビジネス

コレクションとしての下敷き

日本ではコレクションのためのトレーディングカードが流行っていない。あるのは全てゲームが目的のカードばかりだ。

自分はエヴァンゲリオンをリアルタイムで体験して、バンダイのカードダスマスターズが大ヒットして、トレカがアニメグッズの定番商品に躍り出た時代を知っているので、最近のコレクション系カードの盛り上がりの無さが悲しく思えます。

その点、海外ではスポーツ選手のジャンルではありますが、トレーディングカード専門誌が発売していて、カード一覧、BOXの中でのカード封入率、はたまたトレードの際の交換率など紹介するほど、トレーディングカード文化が成熟しています。

日本もエヴァンゲリオンで生まれたトレカ市場をもっと広げられたら良かったんですけどね。

 

ところで、アニメの定番グッズで【下敷き】というモノがあります。

海外では文字を書く際に下敷きを使用するという習慣がないらしく、日本から輸出されたアニメの下敷きは大判のコレクションカードのような位置付けで存在するそうです。

 

このムーブメント、日本にも逆輸入できないですかねぇ?

 

現在の相場でキャラ物の下敷きは300〜400円で販売されています。これを中身の見えない袋に入れたり、カードダスのベンダーのような形式で販売するのです。自分で選べない代わりに価格は300円にして、レアなデザインや絵柄も封入するのです。

一応のこと実用品でもあるので購入の際の言い訳にもなりますし、サイズ的にもファイリングしやすいのでコレクションには専用のバインダーなんかを使う必要もなく100円ショップのファイルで充分。

 

いや、ここまで書いてむしろ海外向けのグッズとして販売したらいいんじゃないかって気づいた!

 

海外のアニメ関連のイベントに下敷き大量に持ち込んで販売すれば相当売れるんじゃないですかね?イベントの混雑でポスターなんかは買いづらくても硬くてサイズも手頃な下敷きなら会場で破損させずに家まで持ち帰れるんじゃないかな?

そして、海外での販売実績をもって日本に逆輸入すれば、このトレーディング下敷きをアニメグッズの定番にまで持っていけると思うんです。

 

アニメイトさーん!この企画どうですかー?

 


漫画・アニメランキング

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です