カテゴリー
ダイエット

実家で親と暮らす40代オタクのオッサンが実践できるダイエット

5年前の2012年(当時39歳)に、仕事をやめて半年ほど仕事をせずのんびりしていた時期があるんですけど、それを切っ掛けにして体重が激増してしました。やめた直後は65kg以下でしたが一番体重が増えたときで80kgを超えてしまいました(身長は172cm)。

さすがにこのままではマズいと思い、外を歩くようになったり、仕事を再開して体力的に消耗した結果、現在は70kg前後で安定しています。

仕事から帰宅後、入浴前に体重計に乗るようにしているのですが、週末で一番体重の減っている状態で68.4kg、日曜日の夜の一番体重が増えている状態で71kgです。残業で仕事が長引いたりするとすぐに体重が振れ幅の下限に近付くので【基本体重が減る】というより【燃料タンクが減る】といったイメージでしょうか?タンクが空っぽの状態で67.4kgです。

誤差の範囲で乾燥重量は減っていたのですが、夏が終わり汗をかかなくなったからなのか……それとも時々間食をとるからなのか、最近体重の減少が止まるどころか微増しています。

そう、ダイエットに取り組む時が来たのです。

 

 

ダイエットプラン

 

食事制限編

はっきり言って体重を減らすのは簡単で、間食さえとらなければ、これまでどおり基礎体重は誤差範囲ではありますが減少を続けていきます。

夏休み中は、これを機にファスティングも試してみようかと思っていたのですが、一人暮らしではなく家族といっしょに生活しているとこういった行動は取りづらいです。食事制限は目に見える行動は控える必要があります……結果、断食は断念しました。

 

今月に入り残業も少なくなり以前より早く帰宅できるようになりました。夏も終わった結果、汗もかかなくなったので減少量も微々たるものとなりました。このような状態だとオヤツをガマンするストレスとダイエットの成果が釣り合わないんですよね。

『これっぽっちしか体重が減らないんだったら食って太ったほうがマシだ!』って思考になってしまうという。

そこで間食をとらないのはそのままに運動で体重を減らすことにしました。

 

運動編

ただ、訳あって行える運動に制限があるんですよ。ランニングやウォーキングは脚に負担がかかるうえ時間がかかるので不可、水泳やジムは料金がかかるのと、これまた時間がかかるので不可。また、コツコツと行動するのが苦手なので毎日運動することは不可。

結果、ランニングや水泳で直接脂肪を燃焼させるというよりも、筋トレで基礎代謝を増やすことで毎日のエネルギー消費量を増やす方向の運動をすることに決めました。

 

実践編

今回取り組む運動は【速トレ】です。

こちらを選択した理由は、【1日5分、週2回でOK!】という運動量ですね。筋トレなので回復時間を設けるために毎日行う必要はありませんし、運動はキツいですが1回にかかる時間が5分だけなら耐えられます。逆に言うとこれだけの運動も出来ないようじゃダイエットなんて無理でしょうw

 

また、ダイエットとは別にストレッチも実践することにしました。

前職で右肩を痛めたのが悪化したのか右肩前面の筋肉に痛みが走るようになり、肩の可動域も狭くなりました。ストレッチ本も最近の需要で色々と出ていますが、こちらの本が必要部分をピンポイントで指し示しているし、内容も仕事の合間に3種類のストレッチをするだけなので実践することにしました。ちなみに背中で手を組む道は遠そうです。

 

目標

以前の平均であった65kg以下を目指します。ただ、筋肉量を増やすことによって体重が増加する分、基礎代謝の増加によって脂肪を燃焼させることによって目標値を目指すので、以前よりスタイルは良くなると思います。

20代後半にサービス業をしていた頃は、その運動量とストレスで体重が60kgを切っていたのですが、その頃の脂肪量で筋肉を乗せたイメージのボディメイクを目指します。

 

ファッション以前に……

よく、「俺は太く短く生きるぜ!」などと嘯(うそぶ)く人がいますが、オタク趣味というのは一生涯、長く楽しめるものです。老後のオタクライフを満喫するためにも日々の健康には気を使っていきたいものです。

また、服にこだわっているのに自身の体が見苦しいのは残念だと思います。自分のように目立たない平凡な容姿の人間は、清潔感を出さないと相手に不快感を与えてしまいそうなので、最低限の服装とともに本体の清潔感は保ちたいものです。ちょっと太ましくなると一気に不快感のメーターが上がるからなぁ。

 


漫画・アニメランキング

 

とりあえず年末までに一定の成果を報告できるよう継続していきたいと思います。

 

作成者: マサカズ

アニメ&SF映画、ネット小説好きのオッサンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です