【小説を読もう】って必要?

仕事の休憩時間や電車での移動、布団に入ってから眠るまでの間と、ちょっとした空き時間があると小説家になろうを巡回しています。

小説家になろう

それはさておき、小説家になろうには関連サイトとして小説を読もうというサイトがあります。

小説を読もう!

一応【なろう】は書き手主体のサイトで【読もう】は読み手主体のサイトということになって入るのですが、内容はほとんど同じでTOPページのアドレスも【読もう】が【なろう】の下位に用意されているだけで同じサーバー内です。

……もう【小説を読もう】いらないんじゃないですか?

サイト案内の【「小説を読もう!」について】の「小説を読もう!」誕生の理由には次のように書かれています。

小説家になろうは約493,872作品の執筆支援・管理実績を誇る日本最大級の小説サイトですが、「小説家になろう」という名前から小説作家向け小説サイトと誤解され続け、作者数のわりに読者が少ないという問題点がありました。
そこで直感で「読者向け」だということを連想できるわかりやすいサイト名で運営を開始しました。

書籍化、マンガ化、アニメ化と【小説家になろう】というブランドは浸透してきて、同サイト発の作品群は【なろう系】と呼ばれるジャンルを形成するまでになりました。

ここに読者向けとして別タイトルのサイトTOPを用意するのは、アニメやマンガなどで【小説家になろう】を知った新たなユーザーを混乱させてしまうのではないでしょうか?

運営はそろそろ【小説家になろう】というサイトに自身を持っていい頃だと思いますよ。

 

関連サイトで別タイトルを用意するのなら、いっそのこと【まだ始まったばかりの投稿作品】で、【内容や評価はまだまだこれから】という作品だけを集めた【小説家ぶろう】なんてサイトはどうでしょうw

このサイトで評価を集めると自動的に【小説家になろう】にランクアップするシステムで。

なろうに蓄積される玉石混淆な作品に一定のクオリティを保証するという意味もありますけど、エイプリルフールのギャグ企画としてでも実装してほしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です