カテゴリー
映画

映画【メアリと魔女の花】感想

TOHOシネマズ小田原にて、スタジオポノック初長編作品【メアリと魔女の花】を観賞してきました。

4日ぶりのTOHOシネマズ小田原(つい最近じゃん)

席は通路を挟んで中央という最高のポジションを確保しました。

I列-18番(通路を挟んだ中央の席)

自分の好きな席で映画を観ることができるのは田舎の映画館の特権ですね。

 

元ジブリスタッフの作品だけあって子供連れの家族の入場者も見られました。ただ、映画の最中に親に話しかけたり、スタッフロールの最中に劇場内を走り回らせるのはどうかと思います。

子供に映画のマナーを伝えるのは親の努めです。それが出来ないのであれば、映画はソフト発売後に自宅で楽しむようにさせましょう。子供が中学生くらいになり、友達と映画館に行くようになれば、自分たちでマナーを気にして鑑賞するようになるので。

それでは個人的な感想です。