WEBマンガによって失われつつあるモノ

WEBマンガや電子書籍限定のマンガなど紙以外の媒体で発表されるマンガが数多く出ています。

気軽に楽しめるという点では喜ばしいことですし、絵や内容も今まで目にしてきたマンガと遜色ないレベルで安心して読めます。

ちなみに最近読んだ中で一番良かったWEBマンガはpixivで公開されている【映画大好きポンポさん】ですね。

 

ところで、ネットやスマホでマンガを公開することによって失われつつあるモノがあります。最近、特に目につくようになってきたので書き残しておきます。

 

失われつつあるモノ……それは

【めくりの表現】です。

【めくり】とは、文字通り【ページをめくることによって表現される演出】のことです。紙媒体でマンガを発表する際、場面転換や視点(主観)の変更、時間の跳躍と様々な演出に利用されてきました。

また、紙の本で読む場合、読者の目には左右のページが同時に目に入るので、視点の移動や見開きでの構成なども考えられてマンガが書かれていました。

しかし、最近のWEBマンガや電子書籍は1ページ単位で執筆されている物も多く、見開きやめくりを考慮しない作品が増えてきました。

 

これが表現の退化なのか、デジタル化に伴う表現の枠組みの変化なのかは分かりませんが、少し悲しいですね。

 

WEBマンガでも【ページを捲ることによって得られる衝撃】を感じさせてくれる作品が増えることを期待しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です