髭剃りを変えてみた

高校生の頃から電気シェーバーを使っていたせいか髭が濃くなってしまった。

そのくせ髭の密度はそれほどでもないので生やすのも似合わない。

 

結果、30後半から安全カミソリで剃るようになりました。

ここ1年くらいは5枚刃+振動するタイプのモノを使用していたのですが、それほど深剃りもできず替刃も高価なので、上級者向けだけど仕上がりはキレイと噂の昔ながらの両刃カミソリを試すようになりました。

ホルダーをAmazonで検索してみると意外と高い!……そこで100円ショップで両刃カミソリが固定できるホルダーを購入しました。まだ自分に合うか分からなかったので、とりあえずコレで慣らしていくことにしました。

一週間ほど使用して剃り味が落ちてきたので替刃を購入。

 

ホルダーに刃をセットする段階で指先の皮が切れました。

ここで初めて両刃カミソリの切れ味を体感することに。

 

……いままで使っていた100円ショップのホルダーにオマケで付いてきた刃は【髭を削る】といった感触でしたが、新しく購入したフェザーの替刃は【髭をこそぎ落とす】といった感覚です。気を抜くと刃が肌に吸い込まれそうになるので注意が必要です。

それでも、この深剃りは魅力です。刃を変えてから5日経ちますが、心なしか剃り跡の青鬚が目立たなくなってきました。

 

ということで、今後も両刃カミソリの使用を継続していこうと思います。

次に替刃を交換するときには、もうちょっと良いホルダーを買い直して長く使うことにします。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です