【メルカリで現金の出品が横行 その実態はクレカの現金化】について

メルカリで現金の出品が横行 その実態はクレカの現金化

〜ゴゴ通信より

50,000円分の現金を59,500円で販売する。記事では9500円儲かると書いてあるが、そこまでうまくは行かない。

まず、こちらの取り引きは送料無料だ。出品者が送料を負担し、商品説明に現金書留+速達にて発送と書かれている。

紙幣数枚程度の重量なら定型(25g)で送れるので82円すが、これに現金封筒代21円、速達料金280円、現金書留510円(一応紛失の際の保証金5万円を含む)の合計893円になります。

まさしくヤクザな商売w

さらに支払額からメルカリに対して10%の手数料がかかります。これが5950円になります。

もちろん、相手に渡す現金50000円を用意しなくてはならないので、

支払い金額59500-送料893-手数料5950-現金50000=2657円になります。

一回の取り引きで約9500円儲かる?

3000円も儲かりませんよ。

いやまぁボロい商売とは思いますが、そこまで良い取引きという程でもないでしょう。

ただし、これは本当に現金書留で送っていればの話。

実際には現金は送らずに銀行振込を利用している可能性もあるんですよね。落札者は手っ取り早く現金がほしいだけなので、即時振り込まれるネット銀行の振込のほうが都合がいいですから。

ちなみに、メルカリで検索したところ、送料を浮かせるためなのかクリックポストで発送を謳う出品がありました。郵便法的には普通に犯罪ですね

送料無料 クリックポスト 2000円 二千円札 10枚セット

ただ、この出品の場合は流通の少ない2000円札で出品しているので、一応のこと出品する意味を持たせているのがグレーなところなんですよね。履歴から見ても微妙だし、大きな利益を出しているわけでもない。

クリックポストとか書かなければ問題なくシロだったのに、なんで余計なこと書いちゃうのかなぁ……

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です