ブックオフはどうすれば利益が回復するか

ブックオフ、業績不振 買い取り価格に不満の声も

〜J-CASTニュースより

ブックオフが業績不振だという。とりあえず簡単に売上が回復する方法でも書いてみる。

『〜本を売るならブックオフ♪』店内放送でさんざん流れるフレーズだ。客である私達が聞いている以上に、ブックオフの店員は気が狂いそうになるくらい毎日聞きまくっているだろう。

なのに、なぜブックオフはもっと買い取りに力を入れられないのか?

ブックオフにとって重要なのは買い取り>販売だ。

立ち読み客を大量に引き入れてまで大量の在庫を棚に出す必要はない。

買い取った本はAmazonマーケットプレイスで販売すれば良いのだ。

店舗に買いに来るのは、来店できる範囲に存在する人だけ。インターネットなら距離に関係なく販売が可能だ。ちなみにブックオフは公式通販、買い取りサイト【ブックオンライン】を運営しているからそちらで販売すれば……というのは、はっきり言って大間違いだ。ネット販売の集客力で到底Amazonには太刀打ちできないのだから自社通販なんてやめて、全てAmazonで販売した方がいい。サイト運営の費用とAmazonへの手数料……費用対効果が違う。

もちろん自社発送なんてしないで在庫は全てAmazonの倉庫に送ってしまえ!『店舗やヤフオクで売れるかもしれないから』とかいう発想は、『もし月が落ちてしまったら』と心配して眠れなくなった昔の人くらい無意味な心配だ。

全部Amazon任せにすれば在庫管理や発送のための労力やスペースが削減できる。

そして、ブックオフは今より本を売ってもらうことに特化するべきだ。

たとえば買取価格。シリーズ物をセット売りしてもらうと買取金額アップとか、本の状態、発行年数に頼らない需要による査定とか、もっと売る人に納得してもらえる方法を考えるべきだ。

売る物さえしっかりと確保できれば、あとはマケプレ販売だけで充分業績は回復できる。

せどらーに利ざやを取られるのは古書店的には恥だと思って欲しい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です