最近のムビチケカードが嫌い

映画が趣味の方にとって、前売り券を購入してその券自体もコレクションする方がいると思います。

以前、前売り券は紙製で、せっかく作品を楽しみにして事前に券を入手したのに、そのせいで自分の好きな席を予約することが出来ませんでした。

その点、ムビチケカードは個別の番号が割り当てられているのでネット予約にも対応しているし、カード自体も判型が決まっていてコレクションに適していました。

自分も、これまで観た作品のムビチケカードとってあります。

手元にあったムビチケ
手元にあったムビチケ

だが、そのムビチケが最近おかしい。

去年の秋頃まではテレカのようなペラペラだけど硬めの素材だったのに、最近はただの紙製なんです。

最近のムビチケ。紙の祭壇面が目立つ。
最近のムビチケ

この紙がトレーディングカードのように蝋引きやPP加工がされていればコレクションに値するアイテムになるんですけど、単なる厚紙。無加工だから裁断されたカードのフチも紙の白地が出ていて安っぽい。

裏側の二次元コードを隠す銀剥がしを金色にするなんていいから、以前の仕様に戻してほしい。

銀から金に変更された。

入場料の安くなる日や時間にばかり映画館に行くことになって前売り券を買って作品を待つことも無くなりそうだわ……

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です